スタッフブログ

日刊牧原

こんばんは、いつもフロントの牧原です。

今週も日刊牧原の日が参りました。よろしくお願い致します。

今回訪れましたのは、釜ヶ谷山と百々ヶ峰いうお山です。(1日で、2つの山に行って参りました。)

最近は、遠くに出かけることが多かったので、近くにしました。

先ずは、釜ヶ谷山からです。

岐阜県の山県市にあり、標高696メートルあります。

近くには、伊自良湖という大きな湖と、甘南美寺という寺院(牧原が訪れた際は、工事をしていました)があります。

そうですね、ここからは50キロぐらいの距離ですね。行き、1時間・帰り、40分の短い山行です。

牧原は、一気に登り、帰りは走って下り降りました。(帰りの方が、1.5倍距離がありました)

こんな感じのルートになっています。行きは竜神コース帰りは、山から赤谷の滝を通るルートで帰って来ました。

どちらの写真も、何方かの写真を頂いちゃいました。

では、さっそく始めます。

先ずは、食いしん坊の彼らから。

「駐車場で仲良し3匹組、駐車場に牧原が着くと、「ゲコゲコ」言いながら一目散によって来ました。

「皆さんにエサを強請っているんでしょうね。」

「牧原もパンを差し上げました。お尻をフリフリさせて近づき、ここぞとばかりに奪い合うように頬張り、食べ終わると、定位置に戻り日向ぼっこをしていました。」

「食いしん坊度は、彼らの右に出るものは、あまりいません」

「牧原が下山した際も、口笛を吹くと、お尻ふりふり近づいてきて、パンを上げると、美味しそうに頬張っていました。」

「普段は、仲良さそうですが、食べ物については、みんな必死です。」

「伊自良湖です。結構広いです。」

「もう少し歩くと登山道に入っていきます。」

「登山道に入っていきます。」

「山中に入っていきます。とても整備がいきとどいています。」

「休憩所」

「外に出ます。」

「でっかい岩です。」「行者岩」

「最後の登りです。最後が長いです。」

「頂上と頂上からの見晴らしです。」

「頂上にある小屋内部です。」「小学生がたくさん登っているみたいです。」 「麓のお寺です。工事中でした。」

「立派な門です。」

「すみません。足早にすぎてしまいました。」

続きまして百々ヶ峰になります。

すみませんが、こちらは画像がありません。

百々ヶ峰は岐阜県の岐阜市で一番高い山になっています。

標高は、標高417.9mである。長良川の北側にあり、その対岸の金華山と対峙している。北側の山腹を東海自然歩道が通り、

北西の三田洞には「四季の森センター」の公園が整備され、周辺には遊歩道が整備されている。

岐阜市ないで数少ない森が広がっています。(良い散歩コースです。)

約1時間30分で行ってこれます。

山頂からは、岐阜市内が一望できます。

以上短いですが、百々ヶ峰の紹介とさせて頂きます。

今回はいまいちのブログになってしまいました。

また来週です。ありがとうございました。失礼致します。