スタッフブログ

日刊牧原

いつもお世話になっています。山大好きのフロントの牧原です。

ここの所、山が絶好調ですが、今回も引き続きやまです。

今回のブログは、蕪山になります。

標高1068メートル、板取村に鎮座しています。

川では、鮎釣りを楽しんでいる方々が多数いらっしゃいました。

「21世紀の森 蕪山コース」

「舗道を上がっていきます。」

「二手に分かれます。」

「ここから登山道になります。牧原の心は、ドキドキ・ワクワクです。心が躍りますね。」

「さっそく目に飛び込んでくるのは、この圧巻のスギの木です。それも数が1本・2本ではありません。スゴイ,,,としか言いようがありません。」

「この杉の木を見れただけで、今日訪れた甲斐がありました。」

「樹齢何年でしょう???そして、どうこの杉が形づかれてきたのか謎です。」

「是非皆様も杉だけでもいいので、訪れてみてください。感動します。」

「それにしても、暑いです。暑すぎです。気温36℃。」

「登山口が分かりやすくて、助かりました。」

「山中に入っていきます。」

「今日は、一組のご夫婦と山頂付近で擦れ違いました。」

「ここまで順調です。」

「まだまだ序盤です。」

「特にコメントはありません」

「本日初の川の流れです」

「登りの角度は常に一定です」

「本日初の大きな石です」

「川はここまでです」

「休憩無しひたすら登るそして、写真を撮る」

「石がゴロゴロしています」

「でかい石」

「いろいろなキノコが、出てきています。」

「ここもキノコです」

「丸太の渡り場・石畳通行します」

「ここもキノコです。誰か食べれるのか?食べられないのか?誰か教えて頂きたいです」

「そしてまたまたキノコです」

「良く整備された登山道」

「危うくここで道を間違えて遭難しそうになりました」

「巨大カエル。先を見据えています」

「ここまでで中間地点、後2515メートル!!!」

「標高上げていきます」

「ひたすらに登る」

「どこまでも続く感じです」

「山の中だと1キロが長く感じます」

「水筒を一本忘れてしまい、水不足の牧原です」

「本日の消費カロリーは、800カロリーオーバー」

「行きは、1時間30分、帰りは、1時間」

「少し疲れた牧原です」

「まもなく(COMING SOON)

「何者かに齧られたキノコです」

「山頂から光が漏れてきました。」

「山頂」「Tシャツを絞ったら汗の雫が流れ落ちました」

「ここで一休み」

「山頂の木、成長を願っています。」                         「アゲハ蝶」

「それにしても、山頂でも暑いです。」            「牧原の新しい相棒のガルモントの「ランブラー君です。」

今回も最後まで、大変ありがとうございました。

来週は、休館日になりますので、残念ながらお休みとさせて頂きます。

ニッケテニスドーム名古屋は、8/9(土)~8/15(金)は休館日です。

次は、8/17(日)を予定しています。

壮大な北アルプスからの「日刊牧原」です。

どうぞご期待・お楽しみにお待ちくださいませ。

よろしくお願い致します。