スタッフブログ

小牧 長久手の戦い 

こんにちは、加藤です。

ロシアに隕石が落ちたり、踏切事故、おれおれ詐欺やらレーザーのロックオンなど本当に世の中大変ですけど命の取り合いがこの日本でも昔からあり今現在でも受験戦争や交通戦争そして経済戦争もなかなか終わらないばかりでなくて‥‥ちょっとしたことから大変なことになることを~   

                         【   そう小牧・長久手の戦いで知りました。  】                                                                   日本史の教科書に1行くらいでしかないのですが、あの3大英傑の豊臣秀吉対徳川家康の合戦で、秀吉がある意味敗戦を喫したと言っても過言でないらしい。

秀吉軍の猛将森氏含め (現在テレビで放映中。信長のシェフでも活躍してます)                                                    

5人の大将の内2名の大将が討たれ5000名の部隊が徳川軍に敗走した日に、作戦上でも、地理的にもそんなに要所でない秀吉方の岩崎城が、(守備留守役丹羽氏の弟と奥様含め加藤家300名)家康側も攻める予定はなかったらしいのですが岩崎城守備隊300名全滅(城主は秀吉さんと同行して無事)  

とニッケ日進校近くの岩崎城の中で説明文を読んでいたら、私の両手から同時にビニール袋が切れて私の靴が床に落ちました。               

話が長くてすみません。

今回の話のオチはどこでしょうか?

わかった方は加藤まで・・・

コーチ陣は全員はわかりませんでした。