スタッフブログ

日刊牧原

 こんばんは、フロントの牧原です。

いつも観ていただきまして、ありがとうございます。

今回の山物語は、初の登頂失敗をしてしまいました。(残念・無念)

牧原は、断腸の思いで引き返して来ました。(苦夜死胃です)

さて、行った場所は、皆様もご存知、乗鞍スカイライン・乗鞍スキー場でお馴染み乗鞍岳です。

宿泊施設がたくさんあります。

日本百名山・新日本百名山・信州百名山・岐阜百名山・一等三角点百名山です。

最高峰の剣ヶ峰は、3026メートルあり、朝日岳・摩利支天岳・富士見岳などの23峰あります。

ここから、200K。ひたすら遠い・遠すぎます。

1日前に出発して、車で寝て、朝8:00から登りました。

何と-7℃寒い・寒すぎる・とんでもなく寒いです。

 いつも雨男の牧原が、今日は珍しく晴天・無風に恵まれ最高の登山日和でしたが、しかし.....。

既に、雪が積っており、今年の初雪を見ました。(少し感動気味に、乗鞍岳を見上げました)只、この雪が後々えらい目にあいました。

今日も、おまけがついてきます。

また、たまたまのたまたまに日本の滝100選である三本滝にめぐりあいました。

これからはやっぱり山以外のものもチョイチョイアップしていきますので、お楽しみに!!!

 では、早速ドンドンアップしちゃいます。

 

       「どうですか、雪が積っています」               「では、出発進行!!!」

         「山頂の雪を見て、この辺から既に心に、不穏な空気が流れていました」

                    「朝から、テンションアゲアゲで行きますよ!!!」

      「天気は素晴らしい晴れ晴れ、心は晴れ晴れ???!!!」「澄み渡るスカイブルー!!!」

                  「先ずは、三本滝目指してLET,S GO!!!といきます。」

                          「登山道を驀進します」

  「すでに雪がチラホラして来ました。」           「氷柱が気になったので、ついパシャリしてしまいました。」

    「思った程道は、しっかりしていました。」            「看板は、要チェックです。」

 

 「何の動物の足跡でしょう?鹿?、ツキノワグマ?猿?」        「既に雪が、すごくなってきました」

                      「ドンドン上がって行きますよ!!」

                       「ドンドン上がって行きますよ!!」

 

「どうでしょう??!!やっぱり撮影した人が悪い??!!」          「1本目ーーー滝!!!」

      「2本目ーーー滝!!!」             「3本目ーーー滝!!!」「三本合わせて、三本滝!!!」

     「登る!!!登る!!!登る!!!登る!!!登る!!!登る!!!登る!!!」

 

                「雪が積って   キターーーーーーーーッ!!!(古い???)

                                    「雪、雪、雪、雪、雪、雪、雪、雪、雪」

                                   「小屋来ました。やっていませんでした。がっかり。」

      「まだまだ、先は長い!!!」              「先に進まなくなってきました」

                                 「小屋、10月いっぱいで閉じていたーーーッガックシッ!!!」

                                   「テンションサゲサゲ!!!」

 

 「大変申し訳ございません。ここまで、恐らく2600メートルほど登ってきましたが、ゲームオーバーします。」

 「8時から登り始め、今は、13時。このペースで行きますと、頂上に15時到着。下山で20時真っ暗になってしまいます。」

 「恐れをなした牧原は、ここで勇気ある引き返しをさせて頂きます。」「次回また頑張ります!!よろしくお願いします」

      「どのかの山脈です。」             「多分、穂高岳、槍ヶ岳???間違っていたら、ごめんなさい」

  その後.........の牧原はといいますと、休暇村で温泉・バイキングをして、帰路に着きました。

   少しアップが早いですが、日刊牧原とさせて頂きます。日刊牧原「ありがとうございました。」